イタリアンの注文【気軽に利用できちゃう】

Menu

野菜を美味しく食べる鍋

鍋料理

健康にいい料理

博多のもつ鍋は近年ポピュラーなグルメの一つに挙げられるが、本来は野菜を多く美味しく食べるための健康食としての意味が強い料理です。高タンパクかつ低カロリーな牛モツをダシとして使用することで、そのスープで煮込まれた野菜がうまみを増すというのが料理の視点であり、さらにモツのコラーゲンが肌にもよいことから人気が出たものです。昔から欠かせないのはニラであり、最近では地方によってキャベツやゴボウなど野菜が変わったり、ごま油や鷹の爪など、辛さやコクをアレンジしたもので博多のもつ鍋も系統が分かれてきます。スープに関しても王道となる醤油だけでなく鶏がらスープをベースとしたものや、そのほかに味噌や韓国風など最近では種類が豊富になっています。人気となる由来の一つに価格がありますが、モツはつまりホルモンで昔は放るもの、つまり捨てられるような部位という意味があるように低価格で手に入るものであったと言われています。値段が安いため博多の庶民にも受け入れやすく、かつ栄養価の高いもつ鍋は当然地域に人気となっていったわけです。老舗となっているお店ではモツはもちろん野菜に関しても力を入れているところが多く、さらに博多のもつ鍋の締めではよく入れるちゃんぽん麺にもこだわりを持つところがあります。そういったお店ではモツのお代わりはもちろん野菜の追加注文も非常に多く、締めの食べ方にもお客ごとのこだわりがあるものです。このバランスの良さと飽きの来ない味は一度試してほしいものです。